【死後の世界って?】亡くなった方のために今私たちができること

亡くなった方にもう一度会いたい——。そう願ったことはありませんか?

 

自分の今の状況を伝えたかったり、その方がどんなふうに過ごしているのか知りたくなったりすることもあるでしょう。

 

今回は死後の世界の様子を霊視鑑定に定評のある天河占い師に伺いました。このコラムが孤独を感じ悩んでいるあなたの、解決のヒントとなることを願っています。

 

この記事を書いた占い師

腑に落ちる霊視 具体的な改善策まで分かりやすくアドバイス天河 占い師

 

死後の世界ってどうなってる?

 

亡くなられた方は足首にくもの糸のような細い紐が繋げられます。その紐の長さに伴って半径2メートルくらいの範囲でしか動くことができません。しかし、49日経った頃に死神が来て、その紐を外してくれることで自由に動けるようなります。なお、自殺者のもとへは死神が来てくれないので、さらに長期間そこに留まり続けるといわれています。

 

死神に紐を外してもらったら、基本的に自由になれます。ただ、死人は視力がないと考えられており、最初は霊能力も備わっていないため暗くて真っ暗な世界です。

 

時間が経過して能力が多少でも備わってくると、うっすら見えてくるようになるそうです。そうなると多くの方は近親者や友人・知人のところを訪問しだします。それに飽きてくるとまるで透明人間になったかのような状態を利用してちょっとしたいたずらをするようになるのです。

 

さらに霊能力が高まるにつれて人にのり移り、言動を左右することができるようになります。ただ、その行為はあの世では良しとされていないため、のり移ったことでその人を死亡させた場合は、即座に地獄に連れて行かれます。

 

死亡させないにしても酷いことをした際には、その方を守っている神様たちが退治するでしょう。また、鑑定にて私が除霊することも可能です。

 

天国へのお誘いがやってくるのです

このように、亡くなったあともこの世に漂っている人が多いのですがしばらくすると、天国の霊が「この世でうろうろしていても、霊的に堕落し醜い姿になってしまう。天国に来てみないか。」とお誘いをしてくるのです。

 

そのお誘いを素直に受け入れたら無事天国に行くことになります。それに、天国に行っても、いつでもこの世に戻ってくることができるようです。

 

天国では食事をしなくても存在し続けることができて、働く必要もなくノルマもありません。そのため天国に行ってひたすらのんびりと過ごす方も多いです。

 

暇を持て余してしまう場合には、天国にあるいろいろなサークル活動に参加することができます。

 

例えば、ボランティアで人助けをするサークル。この世の人々や、地獄に堕ちた霊を助けることで霊的地位が高まり、守護霊や神様にステップアップできるよう。守護霊や神様になることができれば、さらに天国よりも上層の世界にいくことができます。

 

このような死後の世界で、あなたのご先祖様も暮らしていることでしょう。

 

また、人は亡くなった原因により死後の世界での在り方が変わります。殺人などの罪を犯したあと亡くなった方は被害者と死神に連れられて地獄に連れて行かれます。地獄は火炎の壁で囲われているので簡単には出ることができません。

 

亡くなった方に会いたいと願うことはいけないこと?


亡くなった方に会いたいとずっと願うことで、その念が亡くなった方にまとわりつきます。まとわりつかれることで、こちらに引っ張られてしまい、意図しないのにこの世に来ることになるのです。

 

その亡くなった方が、この世に興味があるときならそれも良いと思うのですが、天国に行ってのんびりしたいと考えていたり、サークル活動など他のことに傾注しているときに頻繁にそれをしてしまうと、亡くなった方はとてもしんどい状況になってしまうでしょう。

 

そういった死後の世界のいろいろなことを思い返してから、本当に必要な時にだけ「会いたい」と強く願うことにしてみてくださいね。

 

生まれ変わりに必要な年月

亡くなってから、生きていた年数の2倍の期間を経過すると生まれ変わることができると考えられています。たとえば20歳で亡くなられたのなら2倍の40年後。

 

ただ、生まれ変わる環境やどういう人に生まれ変わるかというのは本人の意思では決めることができません。天国に行ってからある程度経過したときに、天国の上層に居る地位の高い霊(神様)に、誰に生まれ変わるのかというのを告げられます。そのため、生まれ変わりまた同じ人物に出会うというのは偶然の出来事でしょう。

 

亡くなった人が喜ぶ行動

 

①”時に”思い出す

亡くなった人が喜ぶのは、"時に"思い出してあげることです。思い出すと、その念が亡くなった人に届き「今でも思い出してくれているんだ。ありがとう。」と感じています。

 

②その方が大事にしていたものを大事にする

決して捨てずに、大事に残しておくことで「よくぞ大事にしてくれている。嬉しい。」と喜んでくれるでしょう。

 

③命日を大切にする

命日にはその方を思い、墓参りをしましょう。思い出し、行動に移してあげることで喜んでくれるのです。


天河占い師からスピリチュアルメッセージ


亡くなった方に会いたいと心で思うだけで、あなたの念が飛んでいき、亡くなった人はこちらの世界にやって来ます。目には見えないですがその方からはあなたがしっかりと見えているのですよ。


実際の電話鑑定では、自分の近況を亡くなった人に知らせてあげたいというご相談を多く頂きますが亡くなった方にはすべてが見えていますので、知らせなくてもちゃんと分かっています。

 

目には見えない状況に孤独を感じて落ち込んでいるなら、占い師を通じてその方からのメッセージを受け取ってみませんか?きっと心からほっと安心できるはずです。

 

また、不安になっているときには悪い霊の影響を受けているパターンもあります。私の鑑定では、悪い霊を浄化しオーラを送ることで、ご依頼者様をすっきりとした状態に導くお手伝いを致します。ぜひお気軽にご相談ください。

 

霊視鑑定なら天河占い師にお任せ!

腑に落ちる霊視 具体的な改善策まで分かりやすくアドバイス天河 占い師

 

亡くなった方からのメッセージを聞きたくなったら、一人で悩まずに天河先生にお電話を。今の状況を抜け出すヒントが見つかるはずです。

 

⇒天河占い師の口コミを見る!

Written By 天河

無料占い

&Fortuneはスマートフォンでのご利用を推奨しております。

▼ スマートフォンサイトはこちらから ▼
https://d.excite.co.jp/fortune/

QRコード