誰かに届いてる?生霊を飛ばしてしまいやすい人の特徴

生霊についてご存じですか?ほとんどの人の場合、本人は生霊をとばしている自覚がないそう…。では一体どんな人が生霊をとばしやすいのか、霊視鑑定に定評のある天河占い師に教えてもらいました。

 

この記事を書いた占い師

腑に落ちる霊視 具体的な改善策まで分かりやすくアドバイス天河 占い師

 

生霊と死霊の違い

 

人間は、肉体、霊体、魂、という3つ要素からのなされています。亡くなって肉体が滅びたら、霊体と魂が残ります。

 

死霊は魂の意思どおりに霊体が動くのですが、生霊は魂とは別に霊体だけが動くのです。魂の意思とは別に動いてしまうので、生霊をとばしてしまっている場合には本人に自覚はありません。

 

また、生霊は魂の意思の統制を受けないので生霊を飛ばした人の意図に反して、予想外の作用をしてしまうおそれがあります。

 

例えば、寝るときにいろいろ悩んでいるとき。勝手に生霊がどんどん発生し寝室内に溜まり、その生霊が悪霊となって自分を苦しめるのです。悩んでいるとさらに生霊が生霊を誘発し続けるので、悶々と同じことを考え悩み続けて夜中眠れない事態になったりします。

 

生霊をとばしてしまいやすい人の共通点

1、興奮したり感情的になりやすい人

生霊は、人の魂が興奮することによって生じとばされます。そのため、興奮したり感情的になりやすい人は生霊をとばしてしまいやすいといえるでしょう。

 

2、事件や事故に遭遇しやすい人

魂が興奮することが原因のため、事件や事故などに遭遇しやすい方も該当します。

 

3、遺伝する傾向も!

生霊をとばしてしまいやすいというのは遺伝する傾向があります。そのため、近親者に生霊をとばしてしまいやすい人がいる場合、本人もそのような性質を持つことが多くなります。

 

生霊をとばした人、とばされた人にはどんなことが起きる?


生霊をとばした人自身は何も感じないことが多いです。霊能力者でないと生霊を飛ばしたこと自体もわからないでしょう。


しかし飛ばされた側の人は大変です。霊能力がない場合には、生霊が憑いていると気づかないことが多いです。

 

「なんとなく運が悪いな」と感じたり、「身体が重たい」、「最近は寝つきが悪い」、「悪夢を見る」、「金縛りにあう」、「電化製品が壊れやすい」、という現象がおきてきます。まさか生霊がついているとまでは考えないですよね。ただ、その状態をそのまま放置していたら大変なことに発展する可能性もあるので注意です。

 

生霊を飛ばさないための対策方法


1、場所を移動する
人は感情的になると、生霊をとばしてしまいやすいです。そこで感情的になってしまいそうなときには、一旦その場を離れて外の空気を吸いに行き、一呼吸置くのがオススメです。

同じことをぐるぐると悩み続けて夜中眠れないというときには、生霊がどんどん発生していて、寝室に留まっている状態です。その寝室から出て外の空気を吸いに行くと楽になるでしょう。

 

2、他のことに意識を向ける
相手のことを強く思いすぎるとどうしても生霊が出やすくなってしまいます。強く思いそうになったら、ジョギングやゲームなどで気を紛らわせて、他のことに意識を向けるのがよいです。

 

3、物品を処分する
そもそも相手からもらったもの、相手に関する物品があると、生霊が生じやすくなります。捨てられるものは捨てるのがよいです。捨てられないものは見えないところに隠すのがよいです。

 

生霊をとばしやすい人のメリット・デメリット

 

生霊をとばしやすい人は、ある意味、霊能力がある方といえます。その霊能力をさらに高めることで占い師や預言者になりえるという点がメリットでしょうか。

 

デメリットは、その未熟な霊能力があるために憑依されやすく霊現象に苦しめられる恐れがあることです。対策としてはさらに霊能力を高めることで、症状を安定させることができるでしょう。

 

霊視鑑定なら天河占い師にお任せ!

腑に落ちる霊視 具体的な改善策まで分かりやすくアドバイス天河 占い師

 

生霊について気になった方は天河先生にお電話鑑定で尋ねてみてくださいね。きっと解決の糸口が見つかります!

 

⇒天河占い師の口コミを見る!

Written By 天河

無料占い

&Fortuneはスマートフォンでのご利用を推奨しております。

▼ スマートフォンサイトはこちらから ▼
https://d.excite.co.jp/fortune/

QRコード