手相でわかる!人生のターニングポイント≪結婚編≫

結婚運や金運、寿命……。誰しも一度は自分の手相が気になって手のひらを観察したことがあるのでは?

 

人生のターニングポイントというテーマに沿って、手相や霊感、霊聴鑑定に定評のある安喜良占い師に伺いました。今回は”結婚のタイミング”について特集!

 

このコラムを書いた占い師

 

手相占いとは

手相占いとはこの世に二つと無い個々の手を細かく観察するため“フルオーダーメイトで占う相術”です。

 

例えば、ご自身の性格や適性・才能、運勢や人生のターニングポイント、相性他、過去から現在に至るまでの体のコンディション、あるいは精神状態や思考傾向等に至るまで簡単に分かってしまうのです。

 

そして手相占いの最大の特徴は、本人の努力次第で運命をいかようにも創り変えられる点でしょう。皆様がイメージする手相占いは、手のひらにあるシワ(掌線)を観察して占うものだと考えてられているかと思うのですが、このシワは手のひらの膨らみと膨らみが並ぶ事によって出来る“谷”がシワになって作られているのです。

 

つまり、このシワを“吉相”に作り変える為には手のひらの肉付き(丘)や手の動きが鍵を握るのです。個人差にもよりますが、栄養のバランス、生活習慣、健康状態、物事の捉え方を変える事により体調が優れて来ますと、およそ3〜90日間で手のひらの肉付きが増すでしょう。

 

そして思考状態も前向きになり、これまでとは違う手の動きをするようになります。手のシワの位置や形に吉相の方向へ変化が現れる頃合いには、既にこれまでの環境や人間関係も変わっていますので、人によっては運命が180度も激変するわけです。

 

手相占いの歴史とは

そんな手相占いの起源は約4000年前のインドに発祥した「サムドリカ(顔や体つきから才能や運命を結びつけた観相学であり、手相はその中の一部でしか無かった)」であると言われてます。

 

その後、19世紀になるとヨーロッパで異なる二派の出現(オカルトと科学)により手相は独自の発展を遂げました。

 

一方、日本でも当初は東洋手相術が主流でしたが、明治以降になると庶民にも西洋手相術が伝わり、今日の手相占いに至りました。

 

鑑定方法

手から読み取る情報は掌線(シワ)以外に、手の大きさや形、手のひらの各所のふくらみ(肉付き)、指の長さや形、爪の形や作りに至るまで無駄な所はひとつも無く、これらのパーツのひとつひとつを集約して情報を読み取ります。

 

その為、占う内容によって左右の手を使い分けると的中率が高くなりますが、ここでは簡易的に"女性は左手(男性は右手)"で未来予知を占います。

 

左手

精神的・感覚的なものを司る右脳と繋がっている事から、先天的なもの(先祖より受け継いだ性質、感情、才能、潜在能力、運勢等から想像される運命=人生全般の設計図)と、過去に外界から受けた気持ちの経過記録が読み取れます。

 

右手

現実的・論理的なものを司る左脳と繋がっている事から、後天的なもの(外界的刺激によって構成された性質、思考、技量、顕在能力、運勢等から想定される運命=未来予想図)と、将来に向けて働き掛けた具体的な変化やそれに伴う将来の見通しが読み取れます。

 

 

結婚がうまくいくときにあらわれる手相

パターン①左右の手に恋愛線が同じ位置で現れている

 

感情線は小指の下を起点に人差し指の方に向かって横断する線を指し、この相は喜怒哀楽の起伏や愛情表現、あるいは過去の人間関係や外界からの刺激を受けて揺れ動いた気持ちの変化が現れると言われています。この感情線の下より出た支線が運命線にまで達している相を恋愛線と呼びます

 

 

過去の恋愛の記録が右手、運命の人が現れる時期や相手の気持ちは左手に現れる事から生命線の流年法を重ね合わせると時期を読み取れます。恋愛線が左右の手の同じ位置にある時期のお相手とは、相思相愛で結婚出来るでしょう。

 

 

パターン② 寵愛線(別名:モテ線)が運命線と重なって現れている

寵愛線(別名:モテ線)は小指側から人差し指に向けて斜めに運命線へ伸びる相を指します。この相が現れる方は周囲の気持ちや空気感を敏感に汲み取れるだけでなく、甘え上手で人懐っこい人柄が受けて親しまれるようで特に有力者や年上に好かれます。

 

そして、生涯のパートナーと出会える時期は、運命線の流年法で読み取ることができます。寵愛線と運命線が重なるところがその運命的な出会いに巡り会うチャンスの時期です!

 

 

寵愛線の位置と、さらに結婚線の流年法から読み取れた位置が同時期を表す場合は、かなりの確率で結婚にたどり着くといえるでしょう。

 

【女性】

【男性】

 

パターン③ 結婚線にフィッシュ(魚紋)が現れている

 

結婚線は感情線と小指のつけ根の間を横切る線を指します。この相から結婚に対する関心度、結婚生活に対する考えや捉え方、満足度、交友関係、結婚出来る回数や可能性等がわかります。さらには、婚期を結婚線の流年法に重ね合わせることで読み取る事が出来ます。

 

フィッシュの場合

結婚線の先端にフィッシュ(魚紋)が現れている場合は、結婚するお相手が本人が想像する以上に素敵な配偶者である可能性が高く、独身時代には想像すら出来なかった幸せを掴む事が出来るでしょう。

 

緩やかなカーブの場合

 

結婚線が緩やかな弧を描くように上向き加減で現れる場合は、夫婦円満で穏やかな家庭生活を送れる人です。

 

急カーブの場合

結婚線が急カーブを描いている人は独身を貫くことが多いといわれています。ただし、その他の線もあわせて視ていくと、必ずしもその限りではないこともあります。

 

 

エキサイト電話占いでは写真鑑定も人気!このコラムが気になった方は直接安喜良先生に鑑定をお願いしてみてくださいね。

 

⇒写真鑑定はこちらから!

Written By 安喜良

おすすめの記事

人気記事ランキング

&Fortuneはスマートフォンでのご利用を推奨しております。

▼ スマートフォンサイトはこちらから ▼
https://d.excite.co.jp/fortune/

QRコード