刺激的だからこそ惹かれあってしまう相性って…?【宿曜経・危成カップルのゆくえ】

的中率の高さからかつては使用が禁じられていたという「宿曜占星術」。相性を見るならこの占い!と占いファンから長きにわたって愛されている、根強い人気の占術です。

 

宿曜占星術は特に相性を視るのに優れていますが、異なる性質を尊重し合える「危成」という相性があるのです。

 

■宿曜占星術って?自分と相手の関係は?

自分と相手の「宿」を調べて相性を占います。
相性の種類には「安壊」「業胎」「栄親」「友衰」「危成」「命」があります。
宿曜占星術の詳しい説明や、「宿」はこちらから調べることができます。

■『違う性質を尊重しあえる』成危  カップルの特徴

「危成(きせい)」の関係は、一言で言ってしまうと、“まったく異なる性質の結びつき”と言えます。相手の中にある才能やセンス、考え方などに惹かれ、絆を深めていくのです。

出会ってすぐに意気投合することはないものの、何度か会話をしたりコミュニケーションをとるうちに、相手の知性や“未知なる部分”に心惹かれ、いつしかお互いに尊重しあうようになるでしょう。


他の相性のように、情熱的な部分はないものの、足りないものを補い合い、自分の視野を広げてくれる大切な存在になるはずです。共通の趣味や目標を持つと良好な関係を築くことができます

「危成(きせい)」の関係にあるカップルの特徴は、相手との違いが際立つほど、良い関係を築くことができます。その反面、相手に癒しを求めたり、甘い雰囲気を求めたりすると関係があっさり崩れる可能性もあるので注意が必要です。

宿曜占星術が得意な占い師ランキングを見る

■「成 」または「危 」の相手に惹かれてしまうのはなんで?

「危成(きせい)」の関係にある相手に惹かれてしまうのは、まさに“刺激的だから”と言えるでしょう。生きることに対するスタンスがまるで違い、お互いが“外国人”であるかのような、「魅力的で未知なる部分」を持ち合わせているのです。

「価値観の違い」は、時にぶつかり合ってしまうこともありますが、価値観の違いを認め合うことで、今まで出来なかったことが出来るようになったり、新しい世界を広げていくことが出来るようになります。


自分と違うタイプだからこそ、一緒にいて楽しい」そういった感情の揺れ動きが、相手に惹かれてしまう大きなポイントになるでしょう。

宿曜占星術が得意な占い師ランキングを見る

■「成 」の彼とのお付き合いの特徴や注意点って?

「成」の彼は、あなたにとって“自分にはない”ものを補って成長させてくれる相手です。あなたのことを成長や成功にみちびいてくれる相手でもあり、「危」側のあなたは、たくさんの愛情を注がれるようになるでしょう。


しかし、「危」側の女性には、残念ながら“決定権”というものがありません。何かを決める時も、必ず「成」の彼の判断に従わざるおえない関係になるでしょう。これはある種、彼にまかせっきりになってしまったり、感情のまま怒ったりすることが出来にくくなる場合もあるため、精神的な消耗を和らげる工夫をすることを忘れないでおいてください。


また、彼に従い尽くしたとしても、安易に共感を求めないことも大切です。悩みごとの解決法を教えてくれたとしても、安易に共感を求めてしまったがばかりに、相手の嫉妬心や悲しみを誘発してしまい関係がギクシャクしてしまいかねないため注意しましょう。

宿曜占星術が得意な占い師ランキングを見る

■「危 」の彼とのお付き合いの特徴や注意点

「危」の彼は、あなたにとって“知らない”部分が多いため、興味をそそられながらも深く関わるには不安をともなう相手です。

あなたから見た「危」の彼は、「身の危険を感じるほど緊張する相手でもある」と言えるかもしれません。それほどまでに異なる部分や違和感を感じながらも惹きつけられてしまうのは、「危」の彼が、あなたの中にないものを持っているからこそでしょう。

あまりにも異質なものを持っている異性と出会った時には、「違いすぎる」と距離を置くか、もしくは、「違うから興味がわく」のかが、人生の大きな分かれ道とも言えます。

「成」が太陽ならば、「危」は月であるように、あなたが「危」である彼を導き成長させることが、二人の関係を良好に保つ重要なカギと言えるでしょう。また、「危」の彼に苦労させられる一面もあるため、どんなに消耗してもお洒落には気を抜かないようにするなど、彼の視線をそらさせないようにすると良いでしょう。

宿曜占星術でもっと細かく彼との相性を占う

Written By しょう

無料占い

おすすめ記事

&Fortuneはスマートフォンでのご利用を推奨しております。

▼ スマートフォンサイトはこちらから ▼
https://d.excite.co.jp/fortune/

QRコード