電話占いならエキサイト!口コミで当たると話題の占い師が集結!

電話占いトップ > 占い特集一覧 > 算命学 | 天中殺を知って幸運を掴もう

算命学 | 天中殺を知って幸運を掴もう

算命学・天中殺って…?

渋谷の父ハリー占い師による解説

算命学は古代中国の道教の中の神仙思想を基に形成された門外不出の占いであり、もともとは中国の皇帝が国を治め、より長く統治するための帝王学でした。その算命学における奥義ともいえる技法が「天中殺」の理論です。「天中殺」の理論は多岐にわたりますが、最も知られているのは人生における不運の時期を示す後天運天中殺。誰でも12年に2年ずつ、12か月に2か月ずつの天中殺期間があり、この時期に新しいことを始めたり積極的な行動をとると、不運を増幅させてしまうのです。自分の天中殺の時期を知ることで、天中殺の災いを避けたり軽減したりすることできるのです。

算出方法

①上の表から、貴方の「運命数」を探してください。
②「運命数」に、あなたの「生まれ日の数」を足し、さらに60を引いてください。 出てきた数字を、【運命数と天中殺の対応表】と照らし合わせたものが、あなたの「天中殺」です。

例)1971年4月10日の場合 運命数52+10-60=2 【運命数と天中殺の対応表】から2は『戌亥天中殺』
【運命数と天中殺の対応表】
子丑
⇒51・52・53・54・55・56・57・58・59・60
寅卯
⇒41・42・43・44・45・46・47・48・49・50
辰巳
⇒31・32・33・34・35・36・37・38・39・40
午未
⇒21・22・23・24・25・26・27・28・29・30
申酉
⇒11・12・13・14・15・16・17・18・19・20
戌亥
⇒1・2・4・5・6・7・8・9・10

 新規会員登録で、初回最大2500円無料!

 ※ 新規でご登録いただき、クレジットカードでご利用される方に限ります。

新規会員登録はこちらから

戌亥天中殺

宝珠(ほうじゅ)占い師による解説

宝珠(ほうじゅ)占い師による解説

戌亥天中殺について
「戌亥天中殺」は、2018~2019年の戌と亥の2年間です。そして毎年10月~11月は、戌と亥の月で天中殺となります。 ただし偶数年誕生は9月・11月、奇数年誕生は10月・12月が注意になります。 天中殺は「運気が低迷」と言いますが、人生は「因果応報」です。親切・忍耐・努力の「善因」には「善果」になり、身・口・心において過剰な「悪因」あれば、「悪果」になる時期です。日頃から、「驕り・怠り、破壊」のないよう心掛けていれば良いのです。2015年は10月15日から10日間は「0=空」を示し、「諭される、導かれる時」です。恋愛でも仕事でも、間違い、勘違い?という場面は多くあるものです。”傷つく”ことで、”気づく”時でもあります。毎年「0」の時期を積み重ね、未来を”築く”のです。

相性のいい天中殺
「戌亥天中殺」の特徴は”慧”慈悲の心が強く、輪廻転生したこの現世で、前世で忠義や”恩”の関係者と、「天中殺」に再会し、「歴史は繰り返す」という現状になることが多いです。「午未天中殺」とは 恋愛、結婚、友人関係になりやすく、「精神的、知的な価値観が似ていて上手くいく相性です。ただ、お互いに孤高なので、一度でも自尊心を傷つける言動や、裏切り行為には、一生の亀裂、又は来世まで”怨”になる事もあります。

普段の鑑定スタイル

人生とは、自分自身の”気持ち”は重要ですが、「恋愛も仕事も停滞する時期」はあり、1人で悲観し苦痛にならないで、自分の”今”を知ってください。不倫や三角関係など、知人には相談できない本音トーク、恋人や配偶者に対し言いたい不満、相手の本音は? 自分や家族の運命は?守護霊様の啓示・暗示・神託を受け取り、霊感霊視、東洋占星術と西洋占星術によって、近未来に起こる事、注意が必要とされる時、願望成就の時、相談者様の現在のお悩みの「解決策」をアドバイスいたします。ほぼ毎日午後から23時くらいまでが待機です。

 新規会員登録で、初回最大2500円無料!

 ※ 新規でご登録いただき、クレジットカードでご利用される方に限ります。

新規会員登録はこちらから

申酉天中殺

水希(みずき)占い師による解説

水希(みずき)占い師による解説

申酉天中殺について
その名の通り申の年と酉の年と毎年申の月8月と酉の月9月が天中殺にあたります。 生まれ日の千支が甲戌、乙亥、丙子、丁丑、戊寅、己卯、庚辰、辛巳、壬午、癸未の方があてはまります。 この時期はいつもと感覚が違う為に判断力が鈍ったり、物事が思う様に進みにくい時期です。12年毎に巡ってくる2年間の天中殺はその年により巡ってくる星が違いますので及ぼされる作用も様々です。 来年の申の年に巡ってくる星の影響は甲戌の方と乙亥の方は体調管理に気を配り、 精神安定を常に意識していく事が大切です。 丙子の方と丁丑の方は円滑な人間関係を心がけ協調性と柔軟性を意識していく事が大切です。 戊寅と己卯の方は目上の方やお身内の方のトラブルに注意し自身を高める学びに重点を置く事が 必要な時期です。 庚辰と辛巳の方は一息ついて動よりも静を意識し、裏方に回りサポートに徹する事が必要な時期です。 壬午と癸未の方は金銭的な損失と家庭に波が生じやすい時期です。 堅実を心がけ家族に尽くす事を意識していく事が大切です。

相性のいい天中殺
男性の申酉天中殺の方は、子丑天中殺と戌亥天中殺の方が相性が良いです。 子丑天中殺の方に対しては貴方がリードしていき、戌亥天中殺の方にはお相手の方に委ねていかれると、より関係性が深まります。 女性の申酉天中殺の方は午未天中殺の方と戌亥天中殺の方が相性が良いです。特に戌亥天中殺の方との結婚は貴女に財運をもたらします。

普段の鑑定スタイル

お知りになりたい方のお名前やお知りになりたい事柄の名称を仰って頂いて透視していき、見えてきたものと感覚として得たものをお伝えしていきます。 必要に応じて他の占術も取り入れていきます。 恋愛に関してのご相談が圧倒的に多く得意としております。 スピリチュアルなご質問も私自身が大好きな分野ですので得意としております。 毎週水曜日から日曜日に基本的に待機しております。 お昼12時くらいから夕方17時まで。夜は20時から23時くらいまで待機する事が多いです。

 新規会員登録で、初回最大2500円無料!

 ※ 新規でご登録いただき、クレジットカードでご利用される方に限ります。

新規会員登録はこちらから

午未天中殺

利荏(りえ)占い師による解説

利荏(りえ)占い師による解説

午未天中殺について
午未天中殺の時期は,年では午年・未年、月では毎年6月・7月にあたります。天中殺は運勢の休息の時期で、眠っている状態の運気となります。この時期は受身でいること、何かを学ぶなどして自分の内面磨きをすることで次の運気に備えるようにすると良いです。午未天中殺は、凝り性で知性派の人も多く、プライドが高く、好きな事に熱中してすぐれた知識を身につけたりする人も多いです。この天中殺期間はプライドを捨て、静かに流れに身を任せて静観することで、物事をもともとある冷静沈着な判断能力で乗り切ることができます。 目上の人からの引き立て運もありますので、こういう時期こそ目上の人と関わるようにしましょう。

相性のいい天中殺
相性のよい天中殺は、辰巳天中殺と申酉天中殺・午未天中殺です。辰巳天中殺は、ルールにとらわれずしたたかさもあり、問題解決のために最短な方法を示してくれます。予想外の方法でも力強い味方になってくれます。申酉天中殺は、行動することが先で前進していくパワーがあります。思考が優先する午未天中殺が考えている間に、行動することを教えてくれます。午未天中殺とは似た者同士なので、意思が通じ合います。

普段の鑑定スタイル

占術は、霊感・霊視・算命学・風水などです。そして深層心理も読んでいます。お話を伺っていると色や画像のような感覚が入ってきます。生年月日からその方の本来与えられた才能・個性・性格などをお伝えし、今現在出会っている人、出来事についての意味や理由をお伝えし、本来のその方にとって進む方法をお話させて頂いています。相談内容は、恋愛・人間関係・仕事・将来について、家族のことなどが多いです。待機時間は、都合により今は午前中を中心にさせて頂いています。

 新規会員登録で、初回最大2500円無料!

 ※ 新規でご登録いただき、クレジットカードでご利用される方に限ります。

新規会員登録はこちらから

辰巳天中殺

彩寿圭(さほか)占い師の解説

彩寿圭(さほか)占い師の解説

辰巳天中殺について
十干と十二支の2年の狭間を天に預ける事を天中殺とするならば・・・自分の為でなく世の為、人の為に行動する事が無事に過ごせるキーワード。1年を春夏秋冬と表現しますが・・・運気の芽吹きを最初とすると、辰巳天中殺の方は夏秋冬春!春に属する辰・巳年と毎年4~5月、暦に辰・巳がつく日、丑寅の年、1~2月、丑・寅の日も運気の乱れが。春に身を低くして夏から上昇へ。新しい事を始めてはダメ。株式市場も辰巳天井のような経済的にも活発な時も!春先ウキウキする4~5月も!社会と人のモニタリングに徹してアイデアを練る時に。辰とは、‘伸なり’巳とは、‘陽盛の極なり’この時期が天中殺である方はとらわれない発想力と行動力を魂に持ち合わせておられる方が辰巳天中殺。天中殺は運気が急降下しどん底を強く感じますが、開けるとじわじわと運気上昇してゆきます♪

相性のいい天中殺
相手と出会った時期で相性が変ります。運気が上昇時期に出会ったら、子丑天中殺の方が運のアクセル役としてますます前進する手伝いをしてくれる相性になります。一緒にいるだけで幸運が舞い込んでくるという嬉しいお相手に。但し、天中殺など運気低迷の時期に会ったなら不運のアクセル役に。また運気が低迷時期に、戌亥天中殺の方と出会ったら不運をブレーキして止めてくれる相性になりますが、運気が上昇時期に入ったら離れた方がお互いの為です。

普段の鑑定スタイル

恋愛(不倫)や経営・土地(不動産)霊視・方位(引越)・子育て夫婦関係などオールマイティに鑑定させて頂いております。ご相談内容は霊感霊視で状態をみて、高次元のメッセージや波動修正・メンテナンス方法をお伝えさせて頂いております。相性を鑑定させて頂く時には、算命学や宿曜、九星気学、四柱推命を用いています。幸せを選択できる解決方法を見つけられるような鑑定を目指しています。待機目安は、朝昼晩と待機しておりますがご予約して頂ければご用意できるので良いかも。(特に午前中)午後4時~6時まで穴場かもしれません。

 新規会員登録で、初回最大2500円無料!

 ※ 新規でご登録いただき、クレジットカードでご利用される方に限ります。

新規会員登録はこちらから

寅卯天中殺

宮入祥明(みやいりよしあき)占い師による解説

宮入祥明(みやいりよしあき)占い師による解説

寅卯天中殺について
寅卯天中殺の運気低迷期は、毎年2月と3月です。 寅卯天中殺は真面目で勤勉。人情家で人徳もあります。しかし、その長所が運気低迷期に暗い影を落とします。この時期は「新しいことは始めず、じっとしているのが良い」のですが、寅卯天冲殺は、新しい仕事を真面目に受け、人から頼まれ仕方なく新しい物事に取り掛かかります。 強運ですので、運気低迷期を無事乗り切っても、5月には運が力尽き、2月、3月に始めた新しい仕事や人間関係が崩壊し、運命に逆らったツケを払わされるのです。これを回避する為に、毎年11月から1月までの過ごし方を工夫します。この時期は勉学に勤しみ、やりたいことをして、人間的成長に繋げるよう心掛けます。そして2月、3月は静かに過ごし運を休ませますと、5月をうまくやり過ごし、7月には再び運気が上昇します。

相性のいい天中殺
寅卯天中殺と相性の良い天中殺は、何と言っても辰巳天中殺でしょう。ルーズさに振り回される事もありますが、辰巳天中殺の愛情溢れる人間的魅力に触れると、心が解きほぐされ、大変良好な関係を長い間築いていけるのです。また冒険心を与えられ、新世界を体験出来ます。友人、恋人、親子、どの様な関係でも、OK。寅卯天中殺の望むしあわせを叶えてくれるのは辰巳天中殺です。離婚率が低い相性としてもよく挙げられます。

普段の鑑定スタイル

算命学を主に用い、ご相談に応じてタロット、西洋占星術、姓名判断、数秘術などを用いた鑑定を行います。 現在私のご相談者様には、算命学と私の西洋占星術を取り入れたタロットが大人気です。 相談内容は恋愛の相談が一番多く、男性にしか分からないお相手の気持ちをお教えし、お二人が明るい未来へと向かう方法を、開運方法と合わせてお示し致します。 鑑定後にご相談者様から、とても話しやすく癒されたと言う言葉をかけられると嬉しいですね。鑑定はご相談者様がスッキリと明るい気持ちで、終えられるよう心掛けております。

 新規会員登録で、初回最大2500円無料!

 ※ 新規でご登録いただき、クレジットカードでご利用される方に限ります。

新規会員登録はこちらから

子丑天中殺

渋谷の父ハリー占い師による解説

渋谷の父ハリー占い師による解説

子丑天中殺について
子丑天中殺は北方欠落、《初代運》といって父親や上司など目上に頼らず、自力でたくましく人生を切り拓いていくことで開運する人です。ですから、たとえ長男に生まれても家を継がず、独立独歩の人生を歩むほうがよいとされています。いわゆる「遅咲きの花」で若い時よりも中年期以降のほうが運気が上がってきます。そんな子丑天中殺の人が次に天中殺に入るのは2020年です。子丑天中殺の次の天中殺期間→(2020年2月4日~2022年2月3日)また、毎年12月7日から翌年の2月3日までは月運の天中殺になりますから、この期間も注意が必要です。そして天中殺期間に入ったら、まず動かないこと。流れに身をまかせ、生活のペースや環境を変えない、新しいことを始めないこうすることで天中殺の災いを軽減することができます。一方、子丑天中殺にとって運気が好調な時は申と酉の年。ですから来年と再来年は幸運期です。

相性のいい天中殺
子丑天中殺にとって相性の良い天中殺は寅卯天中殺と申酉天中殺です。 中でも女性が子丑天中殺で男性が寅卯天中殺でという組み合わせはベストカップルといえます。子丑天中殺同士は気が合う間柄ですが、良い時悪い時が同じなので、幸運は2倍になりますが、不運も2倍になってしまいます。

普段の鑑定スタイルについて

基本的に生年月日だけですべてがわかります!私は、算命学、四柱推命、九星気学、周易、断易、手相、姓名判断など《命・卜・相》、ひととおりの占術はなんでもこなしますが、最も得意とするところは算命学です。算命学は生年月日だけですべてがわかる驚異の占いです。なぜ生年月日だけですべてがわかるのかというと、たとえ入口は生年月日という一面的なものであっても、算命学の理論はそこから人の宿命や運命を全方位、全角度から見る立体的な占いだからです。私はその算命学を我が国における算命学の祖・高尾義政先生ゆかりの算命学総本校・高尾学館で学び、現在、算命学周位、高尾学館認定鑑定士、認定算定所の看板をいただき、同校のHPの個人鑑定の欄にも掲載されています。恋愛・結婚・不倫・職場の人間関係から動いていい時期、悪い時期など、あなたの疑問をすべて受け止め、適切なアドバイスを行います。

 新規会員登録で、初回最大2500円無料!

 ※ 新規でご登録いただき、クレジットカードでご利用される方に限ります。

新規会員登録はこちらから

PAGE TOP