「元恋人の一言が、2本のナイフとして刺さり続けていた……」心の傷が癒えないときのソウルアートコラム

Venus先生が魂を込めて描かれたソウルアートとともにお伝えする癒しの物語。
あなたの心を満たす優しいエネルギーをお送りします。
ソウルアートはコラムの最後に掲載しています。是非、ごゆっくりご覧くださいね。

この記事を書いた占い師

人生を阻む要素を浄化する、幸せをもたらすヒーリングVenus 占い師

 

――私が絵を描き始めたのは今から250年ほど前のこと。

 


私が絵を描き始めたのは今から250年ほど前のこと。

石畳の坂道、遠くにはクリスタルを散りばめたような海。沈みゆく朱赤の太陽に、石でできた家が立ち並ぶのどかな町並み。

その坂道で絵を描いていると道行く人々が足を止め、ときにはその絵を買ってくださる方々も。私の過去生の一つの記憶。

私が今生でヒーラーとして活動しているある時、初めて共鳴を覚えたヒーラーがいました。何も話していないのに、彼女は私に「絵を描いているの?」とひとこと。

自分の中にある深い過去生の記憶が確信に変わり、再び絵を描くことになるであろう未来を予感した瞬間でした。

私のアートは天から降ってくるビジョンや形状を受け取り、1つの点にパワーと魂を込めながら「点描」で描いています。色はヒーリングを起こすときに降り注ぐエネルギー色です。

それぞれのアートには意図やテーマがありますが、自由に感じていただけたらと思っております。皆様の心に何か素敵なものが届きますように……。

 

元恋人の一言が、2本のナイフとして刺さり続けていた――復讐心だけで生きていたある女性のお話

 

 

人は生きてゆく中で、必ず傷つく出来事に遭遇するものです。
これまで多くの方々の心の傷を見てきましたが、ほとんどが人によって傷つけられていました。人の悪意やエゴに満ちた言葉、行動。

更には、悪意はないけれど感性が足らず、キメが粗すぎ無意識に相手を傷つける……。もしかしたらこちらの方が多いのかもしれません。

ある時、ある女性が、私の元にヒーリングを求めて来られました。
彼女は「私うつ病だと思う」と言うのです。

彼女は確かに重く鈍い波動を放っているものの、話す声には強烈な怒りが混じってるのがひとめで分かりました。

そして、彼女は職場での人間関係に不満があるようで「あの人にこう言われた」「この人にこう言われた」「あの人は私を嫌っている」とひたすら訴えるのです。

 

 

そっと彼女のストレスを感知してみると、それは恐ろしい様相を呈していました。

包丁ほどの大きさのナイフが2本――場所は子宮あたりに――1本はぐさりと刺さり込み、もう1本は上向きの状態で刺さっていたのです。刺さりこんでいるあたりには血が滲み、大変な状態でした。
(これらは私独自の映像の見え方で、ストレスのエネルギー体であり、いろいろな意味を示唆します。)

ここから読み取れたことは、「刺さりこんでいた」というのは誰かにひどく傷つけられたということ、また、彼女はナイフで刺されたくらい心が痛んでいるいうこと。そしてあまりの心の痛みからか、相手を恨む感情が強くなり、上向きのナイフを生んでしまったということでした。

上向きのナイフは、ナイフで刺したいほどの感情、まさに復讐心を指し示しています。滲んだ血は、不正出血が心配されるような濁った色でした。

彼女の肉体にストレスとして多大な負荷がかかっているのは明白でした。

彼女は現在人間関係で苦しんでいるのですが、それもそのはずです。心にナイフを持っているわけですから。

対峙する人にも「この人なんか怖い、キツイ」と伝わってしまい、嫌われるということが発生しているのでしょう。また嫌われることで彼女はまた苦しみ、怒り、悲しみ、そのときには下向きのナイフが揺れ、肉体を切り刻む――まるで負の連鎖です。

彼女はどれほど苦しかったことか。こんな状態では未来へ進むことなどできるはずもなく、肉体や精神は滅びゆくばかりです。

 

 

 

 

人間関係の問題は表層で起きていること。これを解決するためには、根源である「心の傷」の修復が必要であるということが分かりました。
まずは下向きのナイフから、そして次に上向きのナイフをそっとそっと引き抜き、瞬時に傷口を癒やしました。

その瞬間の彼女の魂の声―――心の声とでも言うのでしょうか――こうつぶやきました。

「彼はなぜ……私の何がだめなの……?」

そう心の声が聞こえたよと伝えると、彼女はいきなり嗚咽のごとく泣き出しました。そして彼女は、ぽつぽつと話し始めました。

どうやら、昔お付き合いをしていた男性に女性性が傷つくようなことを言われ、彼が去っていった苦しい過去があったとのこと。刺さりこんでいたナイフが彼のひどい一言だったことが分かりました。刺さっている位置が女性性の象徴である子宮あたりというのも頷けます。

上向きのナイフは彼への憎しみ。彼女は深い悲しみの中で、彼を憎み続けることによってなんとか立っていたのかもしれない、そう感じました。

 

無垢なる自分を取り戻す――ソウルアート『心の傷 Hurt emotions』

 

 

Title「心の傷」Hurt emotions
~進化は魂が抱えてしまった「傷」を一掃することから始まります~

 

このアートは“傷ついた心を癒やし、そして新しい未来へと進めるように”と意図して、天からビジョンを受け取りながら、魂を輝かせ描いています。

未来への一歩を阻む代表的な負のエネルギーは「怒り」「恨み」「憎しみ」「後悔」です。もし皆さんの中にそうした感情があるならばすぐに捨て去ってください。


負のエネルギーをすべて捨て去り、最後には無垢なる自分を取り戻す――愛ある自分を取り戻す。
中心に描いた天使の羽は自分に向き合いきった後に到来する、穏やかなるキラキラした境地です。お休みになる前にでも中心の天使の羽に焦点をあて眺めてみてください。

浄化~未来の境地までのプロセスが、少しでも楽なものとなりますように……。

人生を阻む要素を浄化する、幸せをもたらすヒーリングVenus 占い師

 

Written By Venus

無料占い

おすすめ記事

&Fortuneはスマートフォンでのご利用を推奨しております。

▼ スマートフォンサイトはこちらから ▼
https://d.excite.co.jp/fortune/

QRコード