不倫相手を本気で好きになってしまった…。自分を落ち着かせる考え方のポイント

―――遊びで始めたはずの不倫、いつの間にか本気になってしまった。彼のことを考えると、冷静でいられなくなって、まるで自分が自分でないみたい…。

 

こんなにも辛い恋、別れるべき?続けるべき?私はこの後幸せになれますか?そんなご相談を今まで星の数ほど鑑定してきました。

 

今回はそんな禁断の恋をテーマにお話致します。運命を受け入れ、考え方を見直すきっかけになりましたら幸いです。

 

このコラムを書いた占い師

不倫も運命!受け入れることの重要性

 

まずいえることは、良縁であれ悪縁であれ、運命というカルマ(因縁因果)がふたりを出会わせたということ。なのでどんなに辛くても、そのお相手と一緒にいることを選択するでしょう。

 

気持ちが高まる楽しい恋がしたかったはずなのに、状況としては、周りも許してくれない辛い恋に…。そんなことが、実際起きてしまうのが人生です。

 

そういった方々から、続けるべきか、別れるべきか?というご質問を頂き透視してみると「運命である限り、一緒にいる」という答えが浮かぶケースが多々あります。

 

どんなに辛くても離れられない恋愛になると断言できるくらい、縁の強いお相手なのでしょう。


私は透視能力者なので、禁断の恋の相談を頂いた場合にも善か悪かのジャッジはしません。スピリチュアルな観点から、ご相談者様の運命を鑑定しています。

 

この不倫の末、幸せになれるの?というご相談も日々寄せられます。幸せの形は人それぞれとはいえ、結婚を意識する方が多くいらっしゃるのも事実ですから、不安になってしまう気持ちももっともです。しかし、結婚という概念はあくまで人間が作り出したもの。自然界に最初からあったものではありませんよね。そのため結婚というシステムにあなたの心までも縛られる必要はないのです。

 

恋というのはどんな薬でも治りません。落ち着きすぎなくても良いのですが、逆に慌てる必要もありません。

 

"運命"がある限り、彼から離れようとしても磁石のように引き戻されてしまうのですから。

 

ですので、むしろ人生で甘い蜜の様な恋愛が出来たことを深く感謝し、そんな自分を受け入れて愛していく姿勢が大切になってくるでしょう。相思相愛というのは、それくらい素晴らしいことなのです。

 

自分を落ち着かせる考え方のポイント

冷静でいられなくなった時、この4つの考え方を思い出してくださいね。

  1. 運命だから一緒にいる、ただそれだけ。受け入れて、運命に感謝する
  2. 相手のご家族を恨むと因縁因果が返ってくるので、みんなの幸せを祈る
  3. どんな薬でも治らない恋なのだから…ありのままの自分にOKを出す
  4. 物事を「べき」で考えない。自分の気持ちと運命に素直になる

実際に不倫を鑑定したエピソード

 

20年ほど占い師としてご相談を承っておりますので、実際に運命が導き、不倫相手の方と再婚を望まれて叶える方も多くいらっしゃいました。

 

叶えるためにはいくつかの条件があり、それはお一人お一人の使命によって異なるので一概にアドバイスすることはできません。秘密の恋は大変デリケートなテーマですが、実際の鑑定ではあなたの望みに近づけるための透視アドバイスを誠心誠意お伝えしています。

 

不倫に悩めるあなたへ

秘密の恋の相談は周りの人になかなか言えませんよね。友人に相談をすることさえリスキーです。私はあなたのいる世界とは全く関係ない場所でそっとそのお悩みに寄り添います。


また、私は透視能力者ですのであなたの運命が視えます。前世からの深い縁だったり、離れられない理由までもが視えるのです。冷静さを失うような恋のご相談であっても、あなたにとって必要と思われるアドバイスを、客観的な視点から行っていきます。


「本当に運命なのか知りたい」「傷ついた心を癒したい」「誰にも言えない悩みだけど誰かに相談したい」そんな、真摯なご相談者様のために、しっかり向き合ってお話させていただきます。


悩みは、進化や成長のためにあらわれます。不倫は社会的には秘密の恋とされているテーマですが、スピリチュアルな観点から見たらあなたの進化や成長のチャンスであるともいえるのです。愛の学びと捉えてどうかあなたらしく頑張ってくださいね!

 

いつでも電話占いにて、ご相談お待ちしております。

 

 

▶ シャーマン★アミューシャ☆彡 占い師のプロフィールを見る!

Written By シャーマン★アミューシャ☆彡

おすすめの記事

人気記事ランキング

&Fortuneはスマートフォンでのご利用を推奨しております。

▼ スマートフォンサイトはこちらから ▼
https://d.excite.co.jp/fortune/

QRコード