電話占いならエキサイト!口コミで当たると話題の占い師が集結!

電話占いトップ > 占い特集一覧 > マヤ占い2016

マヤ占い2016

古代マヤ暦で予測する2016年

2015年を振り返ってみると、イスラム過激派ISILによる日本人拘束事件を衝撃的な始まりとして、安保法案・戦争反対大規模デモ集会や、2020年開催予定の東京五輪エンブレム問題。自然災害では9月の関東・東北豪雨による茨城での堤防決壊や、ネパールでの大地震、チリ・カルプコ火山大噴火などがありました。他にもたくさんの大きな事件や事故・災害が世界中に集合的連鎖を呼び起こし、巨大なブラックホールに飲み込まれている、そんな強い印象を感じた1年でした。

しかしよく考えてみれば、こうして世界中で発生しているタイムリーなニュースや情報が簡単に入手できるようになったのは、世界につながる「インターネット」が普及したからですね。

古代の人間や動物は、以心伝心、念動力やテレパシーなど想念で伝達や共有ができていました。

またインターネットや携帯電話・スマートフォンなどがなかった時代の情報交換手段は、モールス信号や電報・テレックス、せいぜいファックスがいいところでした。

そういった意味では「インターネット」がこの世界や社会を変え、常識や視野を広げ、人間そのものの意識や精神のあり方、価値観まで変化させるところまで我々はたどり着いた。とういことになりましょう。

ここから先は、「ホログラム」や「人工知能」のように現実態と仮想世界が手を取り合って、新しい視覚野や潜在的な領域に踏み込んで時間軸を創造していく。そんな宇宙神殿時代に突入していくのだと思います。

さて2016年はどのようなストーリーが展開され、時の守護者に私たちは導かれていくのでしょうか?

エキサイト電話占いの人気占い師であり、マヤ占い研究家の「弓玉(みろく)占い師に、マヤ暦で見る2016年について教えてもらいましょう。

あなたの2016年を診断2016年の世界を予測

マヤ占いの「守護者」で診断 あなたの2016年はどうなる?

☆サインを調べるのはこちらから。

マヤ暦には、十二支のように、毎日を順番に守護する聖なる存在「守護者」があります。そして人はみな、生まれた日の守護者の一族に属しています。あなたが属する一族と、2016年のあなたの幸運周期、幸運をつかむポイントを診断してみましょう。

誕生日を入力してください(無料)

マヤ暦で予測する、2016年の世界

二ュートリノの質量証明やヒッグス粒子の発見など、物理学の世界では新たなステージに向かって、宇宙の謎解きはさらに進化しています。 アルケミーである錬金術が化学となり、さらに説明できないような現象を研究するために生まれたのが「物理学」です。現代では外にある宇宙の原初の姿を再現あるいは解明するための学問的探求になっていますが、私たち人間も一人一人身体のなかに「内なる宇宙」をもっています。

内宇宙を探求して意識を解明しようとするのが、元来の「占い」であったり「思想体系・宗教」「錬金術」や「心理学・精神世界」であったりするのだと思います。

もともとは同じところに端を発するもので、厳格過ぎるほどの宗教的圧迫に反感を持った人々が、「金を製造する」という寓話のなかに、哲学的な教義を隠したのが「錬金術」です。そして今もなお隠され、綿々と神話素が伝えられているのが「漫画やアニメ・映画・ゲーム」のなかです。
錬金術の奥義は化学や物理学のなかにも、占いや文化のなかにも伝承されているのですね。

四隅が定まった2015年10月以降、2016年は「金もダイアモンドも生成できる錬金術蘇生・元年」となるかもしれません。

宇宙神殿を建造しはじめる年

そんな予感が強まりつつあるなかで2016年を占いますと「すべての『素』なるものから『取捨選択』をして内外に神殿を建造していく年」だと言えそうです。

取捨選択とはより良いものを選びながら、悪いものや不要なものは捨てていく。選びとっていくという意味ですが、「より良いもの」の定義がこれまでとは変わってくるように思います。

これまで「金(Gold)」や「正しさ」「強さ」など良いと思われてきましたが、卑金属や礎石、土や樹木、弱さなどがもしかしたら「もっと良いもの」となるのかもしれません。

経済社会の基盤である「お金」がなくても自給自足して豊かに暮らしている人、働くことに対する価値観や見方が変わりつつある人、人道的な主義主張が隠されてしまった事実などに目を向け、真実を選び取ろうとする人、実在する自分以外にももう一人の自分を楽しめる仮想空間をもつ人…それらの人たちは、既に新たな神殿に必要な素材を見つけた人たちかもしれません。

あなたはどのような「素」で自分の宇宙神殿を建造したいですか?
今年は新たな自分という生き方の中に「神殿」を建造し始めていきましょう。

双子的な側面や特徴を見つける

マヤ新年となる「2月21日」「香4」から始まり、立冬「11月7日」「香4」までの間、「香」「サル」「ヘビ」のナーカル守護者が思う存分、時の世界を旅して回ります。

マヤに伝承されている神話では、ケツァルコアトル(明けの明星)が戻ってくると言われる前にマヤ・アステカには不吉な出来事が生じたそうです。深夜に炎のようなオーロラが見えたり、神殿に稲妻が落ちたり、不審火が起こったりと未曾有の危機が迫っている予兆に人々は閉じこもることもあったようです。

2016年はショロトル(宵の明星)の年です。

 自分の姿を変える双子の神性をもち、「偉大な星(ノフ・エク)」の称号をもつ「金星」が、冥界に同行するイヌの顔を持つ「香」の守護神・ショロトルの側面をもって2016年を担ぎます。

人生でとても大切なことが、時に「気難しさ」「厄介さ」「死や負の側面」としての顔を出すことがあるかもしれません。しかし金星がやがて明けの明星の顔をもって空に昇ってくるように、違う顔を見せて輝きだしてくれるかもしれません。
金星が13週間のあいだその姿を隠すように、物事も一定の期間「光が見えなくなることもある。そんなふうに捉えてみると人生の輝きが一旦途切れても、焦ることなく待っていられるようになるのではないかと思います。

「誕生」がキーワードになる年

私は、毎年マヤ暦カレンダー式盤を手作りで作成しているのですが、出来上がった暦を眺めながら、その年の顔や動きをよんで、笑ったり驚いたりして楽しんでいます。
2016年は「風」が最初で「死」が最後というマヤ的には象徴的なサインが周期に座していて、春分には愛と美の女神が、秋分には再び「生」の息吹をもつ「風」が周期サインとして座しています。金星の象徴が強まる年であり、「ヘビ」や「サル」が時空を超えて飛び回ることから、繁殖力が増していく予感がしています。

「新しく誕生する、結合する、生命が宿る、愛が生まれる、再生」などのエネルギーが種子となって、時神のもと地上に降りてきそうです。
婚姻の形も暮らしも多様性が受容される社会になりつつ今「ククルカン」は新たな生命を誕生させたいみたいですね♪
恋愛や結婚、赤ちゃんを授かることなどに、幸運の女神が微笑みそうです。

チャクラを開くイメージを!

ヘビのパワーはとても強く、セクシャリティにあふれ、魔術的です。「稲妻の蛇」の力がベースチャクラから上昇してきやすいエネルギッシュで情熱的な年。
自分自身でコントロールできなくなる前に、ヨガや瞑想、スポーツなどを通してカチーナの精霊エネルギーを循環させることが必要になるもしれません。

チャクラを開いて元気になるイメージトレーニングも有効です♪
3月〜8月の半年間は特に、チャクラを意識してチューニング調整してみましょう。

2016年のマヤ暦デイサイン

・新年 1月元日 死5

・マヤ暦新年 2月21日 香4

・春分 3月20日 ヘビ6

・立夏 5月5日 サル13

・神聖暦の祝日 7月4日 サル8

・立秋 8月7日 ヘビ3

・秋分 9月22日 サル10

・立冬 11月7日 香4

弓玉
監修者プロフィール:弓玉(みろく)
日本におけるマヤ占い研究の第一人者。 マヤの占術や霊視、波動リーディングのほか、ジーニーの壷占いなど古代から受け継がれる理論を駆使し、恋愛運、金運、仕事運をはじめとする人生全般の悩みに対する答えを導く。 有名人、実業家、経営者、作家やデザイナーなど、各界からの人気が高く、信頼も篤い。
>>詳しいプロフィール

PAGE TOP